蓮舫代表が会見「台湾籍ない」二重国籍状態には確認すべきだったと反省

THE PAGE / 2017年7月18日 19時48分

民進党の蓮舫代表は18日、自らの「二重国籍」問題について、戸籍関係書類の一部を公表し、台湾国籍はすでに持っていないと説明した。同日夕の会見で、二重国籍状態だったことについて「もっと確認するべきだった」と反省の意を示し、自身のあいまいな記憶で説明が不安定になったことも陳謝した。その上で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング