マツダ「SKYACTIV-X」 ドイツ試乗で分かった“夢のエンジン”の潜在能力

THE PAGE / 2017年9月13日 16時0分

ディーゼルエンジン並のトルクと低燃費、ガソリンエンジン並の高回転の伸びを実現し、かつどんな運転状況でも燃費に差が現れにくい――。これが先月マツダの発表した新エンジン「SKYACTIV-X」の理論上の性能でした。このガソリンとディーゼルを“いいとこ取り”した夢のようなエンジンの開発は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング