大型補強時代から若手育成時代への転換期に飲まれた村田修一ら戦力外の悲哀

THE PAGE / 2017年11月19日 5時0分

巨人を自由契約になった村田修一(36)、横浜DeNAを自由契約となった久保康友(37)らの実績も実力もある戦力外の男たちの行方が決まらない。先日、マツダスタジアムで行われた12球団合同トライアウトに集結した各球団の編成担当者の声を拾ったが、そこで見えてきたのが、FAを主体とした大量補強時代から、世代交代、若手育成に球団の経営方針を転換しようとしている時代の流れだった……。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング