羽生善治氏「永世7冠」どうスゴい? 次はタイトル100期と最年長記録に期待

THE PAGE / 2017年12月17日 18時0分

将棋の羽生善治棋聖(47)が12月5日の「竜王戦」でタイトルを奪取し、史上初の「永世7冠」を達成。大きな話題となりました。今回の竜王奪取で通算獲得タイトル期数は99期となり、前人未到の「100期」も目前に迫っています。この偉業に、政府は囲碁の井山裕太7冠(28)とともに国民栄誉賞を授与することを検討していると伝えられています。元「週刊将棋」編集長の古作登氏(大阪商業大学アミューズメント産業研究所主任研究員)は「永世七冠は表現できないぐらいの大記録」と指摘。さらに「来春行われる名人戦も挑戦権争いを演じており、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング