写真

平野歩夢は連続4回転の大技を決めたが、ホワイトに2.5点差及ばなかった(写真・アフロスポーツ)

昔、ショーン・ホワイト(31、米国)は、どちらかと言うと、気の弱い、おとなしい少年だった。平昌五輪の男子ハーフパイプで五輪3度目の金メダルを獲得したホワイトが13歳の頃、サンディエゴに近い自宅でインタビューしたことがある。ちょうどその頃、キックボードが流行りだし、ホワイトが乗っていると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング