厳戒会見で関学が日大のとんでも回答書に突きつけた10の不可解

THE PAGE / 2018年5月27日 5時3分

関学大が26日、西宮の同大学で小野宏ディレクター、鳥内秀晃監督が記者会見を開き、日大の「反則指示はなかった」とする、これまでの主張を繰り返す回答書を公表、悪質タックルを行った宮川泰介選手からの聞き取り調査も行っていない“とんでも回答書”に対して10箇所の不可解点をつきつけた。その上で「発言に信憑性があるのは宮川選手」と内田正人前監督と井上奨コーチを断罪。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング