街から消える本屋 惜しまれつつ、青山ブックセンター六本木店が25日に閉店

THE PAGE / 2018年6月23日 10時40分

六本木ヒルズができるずっと前から、界隈のランドマークとして親しまれた青山ブックセンター六本木店。2018年6月25日、この老舗書店が38年の歴史に幕を閉じる。青山ブックセンター六本木店がこの地に開店したのは、1980年。広告代理店の株式会社ボードが、書店1号店として出店したのが始まりだ。広告代理店が運営する店とあって、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング