写真

元NGT48の山口真帆の暴行事件をめぐって、業界内でキナ臭い動きがあるという。 現在、運営会社のAKSが山口への暴行容疑で逮捕された男性ファン2人に対して、損害賠償3000万円を求める民事裁判が新潟地裁で進行中。今月5日には被告側、原告側が提出した新たな裁判資料が開示されたが、その中で注目を集めたのがスポーツニッポンが先月30日付で掲載した主犯格とされる男と山口のツーショット写真だった。週刊誌記者が解説する。 「その写真は2017年4月のイベントで撮影された主犯格の男性ファンと山口のツーショットでした。2人は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング