写真

死刑囚が冤罪を訴え続け、死刑執行されないまま獄死する例は案外少なくない。有名なのは帝銀事件の平沢貞通や名張毒ぶどう酒事件の奥西勝だが、2003年に東京拘置所で獄死した富山常喜(享年86)もその1人だ。富山が獄中から支援者の男性に出していた手紙により、その凄絶な獄中生活がつまびらかになった。 ■証拠が何もないのに死刑に 1963年の8月下旬のある日、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング