写真

NHK記者として都庁などを担当していた佐戸未和(さどみわ)記者(当時31)が2013年7月、159時間にものぼる時間外労働を強いられた果てに、うっ血性心不全で亡くなっていたことが分かった。NHKは4年前の出来事を今月4日になって公表。 同局は「遺族側代理人から家族が公表を望んでいないと聞いていた」と釈明したが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング