写真

米中冷戦自体より怖いのは、恐怖心が景気悪化を招くこと

米中冷戦がいよいよ本格化してきましたが、冷戦自体の影響よりも何が起きるのかわからないという恐怖心の方が遥かに経済に悪そうだ、と久留米大学商学部の塚崎公義教授は心配しています。 米中ともに譲れない「冷戦」が本格化 米国は、中国の台頭を押さえ込むために、なり振り構わない行動を採り始めました。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング