写真

「金融リテラシー」は上昇傾向。それでも低い日本…その背景に「日本人の美徳」

日本人には、「お金は汚い」「お金儲けは悪いこと」というイメージを持つ人が少なくなく、お金の話をタブー視する傾向があります。「清く、貧しく、美しく」という発想が、戦後の復興期やバブル崩壊後の日本を支えてきた一面もあり、日本人の美徳であるとも考えられます。 しかしながら、多くの金融商品があふれ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング