写真

愛娘を亡くして5年、親の時は止まったままだった…友人の死に想うこと

命あるもの、いつかは死が訪れる…頭では理解できていても、不慮の事故や急性の病などで大切な人を亡くすと、故人を取り囲む人間の悲しみは計り知れません。 また悲しみがあまりにも深い場合、時が経過しても簡単に癒えるものではありません。筆者は、5年前に大切な友人を亡くしました。享年22歳。亡くなった彼女の母親と親交を深める中で想うことがあります。 突然の病で短い生涯を終えた友人 筆者は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング