写真

ファナックのロボット事業、新工場稼働で4強から1強へ

米国で大きな存在感、新工場の増強前倒し 本記事の3つのポイント ファナックが産業用ロボット分野で積極的な事業展開を見せている。中国が主力市場と見られがちだが、意外にも売上高の約4割が米州向け ロボットメーカーであると同時に、自らの生産ラインにもロボットを数多く導入。ユーザーとしての意見を製品開発に反映させてきた 産業用ロボットを生産する茨城新工場が稼働を開始。能力増強を一部前倒しで進めており、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング