写真

インテル、ロジック底打ちで半導体世界首位に返り咲き?

サムスンは3日天下で王座転落の危機 半導体市況全体が低迷する中にあって、インテルが好調に売り上げを伸ばしている。2018年通期のトータルセールスは年初計画の650億ドルを大幅に上回る712億ドル(前年比13%増)を見込み、MPUは作っても作っても足りない。 その要因はパソコン需要が復活してきたことと、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング