写真

連銀はズブズブの量的緩和中毒。マーケットはある日突然崩壊する?

常軌を逸した市場!? 「『常軌を逸した』マイナス利回り債買うのはお断り-JPモルガンAMウィリアム・アイゲン氏」という、ブルームバーグ(2019年10月17日付)の記事をぜひ読んでいただきたい。 記事でウィリアム・アイゲン氏は、「マイナス利回りの債券が最終的に壊滅的な損失につながる」「ファンドの資金のほぼ半分を現金にし、債券の一斉売りが起こっても打撃を受けないようにしている」「マイナス利回りというコンセプト、つまり金を貸すために金を払うという概念そのものが、私には常軌を逸した行動と思われる」「長年にわたる欧州や日本の超緩和的金融政策が生み出した大量のマイナス利回り債券によってゆがめられた市… [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング