写真

今こそ確認!サウジ・ドローン事件は原油相場に何を残したのか?

サウジ・ドローン事件後の原油相場は、瞬間的な急騰、そして下落 原油相場の推移を改めて確認すると、あの事件は何だったのだろう?とすら思うほど、サウジアラビア・ドローン事件の発生直後の急騰は、ほんのわずかな期間でした。 事件前日の9月13日、WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油は1バレルあたり54.85ドルで取引を終え、事件後の取引開始日となった9月16日、一時63ドルを超える急騰となりました。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング