世界最大の「Twitter炎上事件」投稿者の末路 旅行中の「軽い冗談」が、身の破滅を招いた

東洋経済オンライン / 2017年3月22日 10時0分

瞬く間に拡散され、膨大な数のコメントが殺到する――。ツイッターやフェイスブックなどのSNSを舞台にした“炎上”は、いまや日常的なものになった。アメリカ大統領自ら、ツイッターで個人攻撃を繰り返し、「偽(フェイク)ニュース」を拡散する。 ネットとは、もっと自由で、誰もが無料で有益な情報を入手できる希望に満ちた世界ではなかったか?なぜ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング