相鉄のJR直通化で「時刻表」が大ピンチ? 時刻表編集部にマニアックな質問をぶつけた

東洋経済オンライン / 2017年5月3日 6時0分

時刻表は謎の多い書物だ。列車の時刻を調べたり、わからないことを明らかにしたりするために存在しているのに、「謎の多い」というのは矛盾している。でも、読み込んでいくと、謎の事象がたくさん現れる。 たとえば、関西エリアで運転されている新快速電車。米原20時54分発の新快速、網干・播州赤穂行き(土曜・休日運休)は「謎の列車」だ。 ■一見無意味な分割をする理由は? この列車は23時23分に姫路に到着すると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング