「正直すぎる発言」で身を滅ぼす残念な人たち なぜ失言は繰り返されるのか

東洋経済オンライン / 2017年5月8日 8時0分

このところ「(観光を進めるうえでの)一番のがんは学芸員」「(東日本大震災は)まだ東北でよかった」など、政治家の失言が相次ぎ、話題になっています。 ■失言と不用意はセット こうした失言から信頼失墜し、辞任や有権者の支持を失い落選につながるケースもあります。失言の代償が大きくなることもあるだけに、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング