三菱自動車にのしかかる「日産流改革」の重圧 主要部門の執行役員が軒並み日産出身者に

東洋経済オンライン / 2017年6月20日 8時0分

軽自動車の燃費不正問題が発覚してから1年強。日産自動車の実質傘下で再出発した三菱自動車は、6月23日、新体制発足後初めての定時株主総会を開く。株主たちはどう評価するのか。 「三菱自動車に欠けているのは、利益ある成長。業績向上のために改革が必要だ」。昨年末に会長に就任したカルロス・ゴーン氏は5月中旬、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング