「大惨事」もありえる米議会のヤバすぎる状況 大事な夏休みも短縮する勢い

東洋経済オンライン / 2017年7月9日 8時0分

首都ワシントンに、不穏な雰囲気が漂い始めた。 「夏季休会の短縮を検討していただきたい」 米上院院内総務のミッチ・マコーネル上院議員に、そんな趣旨の書簡が届けられた。書簡に署名したのは、10人の共和党上院議員である。 ■「異例の提案」のワケ 議員が自ら休みを返上するのは珍しい。マコーネル議員のような議会の指導部が、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング