乙武洋匡が見たガザ地区の痛ましすぎる現実 失業率40%超、空爆が日常の難民キャンプ

東洋経済オンライン / 2017年8月22日 10時0分

「ガザ」と聞いて、皆さんは何を連想するだろうか。 ある人は「紛争」という言葉を思い浮かべ、ある人は「イスラエルに封鎖された場所」というイメージを抱くかもしれない。どちらも間違いではない。大規模な侵攻は2014年を最後に一応は終結しているものの、いまでも空爆は日常茶飯事で行われているし、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング