「特売品」で損する人が知らない値札の読み方 不利益防ぐユニットプライス制に存亡の危機

東洋経済オンライン / 2017年9月23日 8時0分

「店長イチオシ!」「地域最安値に挑戦!」「大容量でお得!」――。スーパーやドラッグストアに行くと、売り場にはこうした推奨ポップが躍り、つい手を伸ばしてしまいがちだ。 が、このうたい文句を鵜呑みにしてはいけない。シャンプーや洗剤の詰め替え用が、本体よりも割高なのはよくある話。加えて最近では、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング