定年後も稼げる人と稼げない人の決定的な差 「生涯現役」で働くなら50代の過ごし方が肝だ

東洋経済オンライン / 2017年9月25日 8時0分

大手広告代理店の関西支社に勤める浜田健児さん(仮名)は今年50歳。「最近、猛烈に焦りを感じている」という。「現場での自分の力量が40代をピークに落ちていっていると感じている。体力の衰えと同時に、以前なら一晩で仕上げられたことが終わらなくなっている。経験とコツと、人脈をフル活用してカバーしている」(浜田さん)。 不安の背景はそれだけではない。かつて東京に次ぐ2次経済圏だった関西だが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング