写真

閉鎖に追い込まれた「でりしゃす六供店」(群馬県前橋市)(写真:共同通信社)

購入客が腸管出血性大腸菌O157に感染した総菜店「でりしゃす」。9月19日、群馬・埼玉県のスーパー店内などで展開する全17店の閉鎖に追い込まれた。 これまで22名が感染し、そのうち東京都在住の3歳女児の死亡が確認されている。 でりしゃすは客自身が総菜をトングやスプーンで必要を取る、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング