日立「英国高速車両」は、トラブル続出だった 天井から水が流れ落ち、列車は大幅遅延

東洋経済オンライン / 2017年10月19日 8時0分

「このたびのトラブルの件では、乗客の皆さまに大変なご迷惑をおかけした。申し訳なく思っている」。日立製作所の執行役常務で鉄道ビジネスユニットCOO(最高執行責任者)を務める正井健太郎氏が沈痛の面持ちで口を開いた。 10月16日、日立製作所が手がける英国向け高速車両が営業運転を開始した。地元の人々の期待を一身に受け華々しく登場したが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング