東芝取締役は大半留任、どうなる株主の審判 臨時株主総会ではメモリ売却の承認も焦点に

東洋経済オンライン / 2017年10月23日 8時0分

10月24日の臨時株主総会を前に、東芝では安堵感が広がっている。 「この日、本社で多くの人が祝杯を挙げたようだ」(東芝中堅幹部) 10月11日、東京証券取引所は東芝の特設注意市場銘柄指定を翌日に解除すると発表した。懸案だった内部管理体制の不備による上場廃止リスクが消えた。迷走した半導体メモリ子会社、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング