写真

11月14日、小池百合子都知事は希望の党の両院議員総会で代表辞任の意向を明らかにした(写真:つのだよしお/アフロ)

衆院選惨敗後も希望の党代表にとどまる意志を示していたはずの小池百合子都知事が11月14日になって突然、代表を辞任した。 「創業者の責任として代表でスタートしたけれど、むしろみなさんにお任せして、方向性は決まっているわけだから、それをしっかり進めていただくということで、私は代表の座を降りさせていただいて、しかるべき形でみなさん方をサポートしたい」 「1000万人もの方々が『希望の党』と書いて下さった、この重みをみんなでシェアしたいと思っている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング