米国が突然エルサレムを首都に認定する事情 アラブ諸国は一斉に反発の声

東洋経済オンライン / 2017年12月8日 7時0分

ドナルド・トランプ米大統領が、選挙公約を実現させる形でエルサレムをイスラエルの首都と認め、商都テルアビブにある米大使館の移転を指示した。 米政権の歴史的な転換は、中東和平の最大の争点であるエルサレム帰属問題で、「東西不可分の首都」とするイスラエル側の肩を一方的に持つものだ。パレスチナやアラブ諸国からは批判の声が上がっており、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング