写真

提案したら、無茶だという反応が出てきたり、異論が噴出したりするようなレベルの高い目標を考えてみよう(写真:aijiro / PIXTA)

「できる」人と「できない」人とでは、課題に直面したときの目標の立て方が異なる。 「できない」人は、目標の立て方において、「3つの残念なパターン」に陥ってしまっていることが多い。 最新刊『必ずできる。』で、マッキンゼーでの25年間にわたる経験で鍛え上げた論理的ポジティブ思考の方法として、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング