日本の「路面電車」政策に足りない重要な視点 セルフサービスの運賃収受が成功の鍵を握る

東洋経済オンライン / 2018年1月17日 8時0分

オランダは「寛容の国」といわれる。オランダの「コーヒーショップ」は、喫茶店ではなく合法のソフトドラッグ(マリファナなど)を吸う場所であり販売する店だ。ソフトドラッグを合法にした政策はオランダの「寛容」と「合理」の精神の表れであるという。 しかし、いくら「寛容」と「合理」といっても限界がある。アムステルダム市の路面電車は1970年にそれまでの、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング