写真

車掌が乗務しているアムステルダム市電の「コンビーノ」(片運転台仕様車、筆者撮影)

オランダは「寛容の国」といわれる。オランダの「コーヒーショップ」は、喫茶店ではなく合法のソフトドラッグ(マリファナなど)を吸う場所であり販売する店だ。ソフトドラッグを合法にした政策はオランダの「寛容」と「合理」の精神の表れであるという。 しかし、いくら「寛容」と「合理」といっても限界がある。アムステルダム市の路面電車は1970年にそれまでの、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング