米国株は「リーマン以降の重要な節目」にある 日本株も「2018年最初の大事な時期」を迎えた

東洋経済オンライン / 2018年1月24日 11時0分

米国市場では、ニューヨークダウ平均がついに1月17日に終値で2万6000ドル台に乗せました。一見、今後もさらに上昇するように見えます。 ■リーマンショック後からの上昇は、1つの節目に? 実は、ダウの2万6000ドル前後の水準というのは、長期のチャートで見ると、大きな節目なのです。株価の上昇や下落を一つ一つの波のようにとらえる方法がありますが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング