写真

弁護士や公認会計士などはAIで大量失業する時代が来るかもしれない(写真:kou/PIXTA)

AI(人工知能)がかかわるのは、頭脳の領域です。それを考えると、たとえ高度で専門的な知見を持つ職業であったとしても、将来がずっと安泰で保証されるということはありえません。 ■「士業」の職種も、もはや聖域ではない その専門的な仕事の代表格が弁護士や公認会計士、弁理士、税理士・司法書士、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング