明治時代の法律を引きずる日本の「生産性」 「時間給」思考一辺倒ではもはや通用しない

東洋経済オンライン / 2018年2月14日 8時0分

前回は、ダメな働き方改革の例について批判的に分析しました(部下に丸投げ、「時短ハラスメント」が蔓延中)。今回は、「働き方改革」という文脈でよく使われる言葉である「生産性」とは何かについて、誤解されている方が多いので、一歩掘り下げて考えてみたいと思います。 ■時間単位で生産性を測る考え方は適切なのか そもそも、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング