「スマートホーム」には危険が潜んでいる 家をIoT機器だらけにすると何が起きるか

東洋経済オンライン / 2018年2月20日 8時0分

アマゾンの「アマゾン・エコー」や米グーグルの「グーグルホーム」。ここ数年、こうしたAIスピーカーやホームセキュリティ、ヘルスケアなど消費者向けなど、IoT(モノのインターネット)製品が続々登場、家庭の中に入り込み始めている。その分野は多岐にわたり、しかもユニークな製品が多い。 最初の頃はスマートフォンから電灯のオン・オフを制御する程度だったが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング