シンガポール人が日本人より超金持ちの理由 老後資産の目標額は1億円以上が当たり前!

東洋経済オンライン / 2018年2月21日 8時0分

私が今暮らしているシンガポールは、香港とともに、金融資産1億ドル(約107億円)を超える「超富裕層世帯」の割合が多いといわれています。世界中から富裕層が集まりますが、小さな政府であるため、先進国にかかわらず公的年金がありません。では、シンガポールの人たちは、老後資金をどのように準備しているのでしょうか。 ■「世界一豊か」でも、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング