写真

後を絶たない鉄道自殺。その原因の多くはうつ病のほか「勤務問題」だ(写真:hamazou / PIXTA)

一都三県(東京、神奈川、千葉、埼玉)で鉄道自殺した被雇用者は2009年から2016年までの8年間に584人にのぼり、このうち「勤務問題」を原因に含む人が91人いたことが、厚生労働省が筆者の求めに応じて提供したデータの集計からわかった。 「勤務問題」は鉄道自殺原因のうち2番目に多く、最多は172人が該当した「健康問題」だった。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング