ETC、意外と知られていない最新進化と歴史 可能なのは料金自動収受だけじゃない

東洋経済オンライン / 2018年3月22日 8時0分

高速道路や有料道路の料金所で、停車して収受員とやり取りをしなくても(徐行はもちろん必要)通行料金が支払えるETC(電子料金収受システム)。車両に搭載したETC車載器とETCカードが料金所ゲートのアンテナと無線通信する仕組みだ。 近年はETC車載器を搭載した車両が大半を占め、かつてのような料金所での支払いを原因とした渋滞はずいぶんと減った。 ■ETCが進化を遂げている そのETCが第3世代とでもいうべき「ETC2.0(ETC2.0車載器)」まで進化を遂げていることをご存じだろうか。有料道路の料金自動収受機能にとどまらず、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング