反抗期の子に悩む親が知らない「最後の手段」 転がり、泣き叫ぶ小5の息子に疲弊する母

東洋経済オンライン / 2018年3月22日 8時0分

※石田勝紀先生へのご相談はこちらから 反抗期の小5男の子を持つ、母です。極度の面倒くさがりで、興味対象が少なく、諦めが早いです。日常、宿題→やりたくない→寝転がる→そのまま1~2時間ダラダラ→「やりたくない」「できない」と泣き出す。寝転がる→私が注意する→キレる→悪態をつく→うるさいこと言われたからやりたくない→物を投げる→泣き叫ぶ……という感じです。そのあと、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング