写真

昭和の名古屋を象徴する名古屋駅の3代目駅舎(筆者撮影)

私は福井県武生市(現・越前市)の生まれだが、青春時代を名古屋で過ごした。 初めて名古屋を訪れたのは中学3年生の時、武生からキハ55形ディーゼルカーの準急列車「しろがね・こがね」に乗って米原経由で名古屋に着いた。当時、名古屋駅にはまだ蒸気機関車の煙が見られた。初めて乗った地下鉄東山線は「池下」までの営業で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング