写真

一蓮托生で中央突破を狙う安倍首相(左)と麻生財務相(写真:共同)

安倍晋三政権をめぐる相次ぐ「疑惑」の拡大で政局が不透明化する中、9月の自民党総裁選で3選を狙う首相と、盟友として政権を支える麻生太郎副総理兼財務相の開き直ったような強気の態度が、永田町の注目を集めている。 1強政権の驕りとしかみえない「もり・かけ疑惑」に「セクハラ」などの不祥事で集中砲火を浴び続ける首相と麻生氏だが、どちらも退陣や辞任など「重大決意」の気配すら見せない。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング