写真

開業記念パーティの参加者にも配布した「OMOメガネ」を身に着けた星野佳路・星野リゾートグループ代表。「OMO7 旭川」の開業会見の翌日、そのまま近くの旭岳へスキーに向かった(記者撮影)

ホテル業界にとって、一番儲かるのは人手や材料費がかかるレストランでも宴会でもなく、客室(宿泊部門)だ。そのため担当者は毎日、客室の価格を細かく調整することで、客数を増やし、単価を確保することに必死になっている。 それなのに、星野リゾートグループ代表の星野佳路氏は「ビジネス客を1度忘れることにしました」と、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング