アメリカ経済の「真のリスク」とは何か 「バブル崩壊は間近だ」という分析は間違い

東洋経済オンライン / 2018年5月26日 11時0分

「アメリカ経済は完全にバブルだ」という話が最近よく出てきます。 先日も討論会で、「アメリカ国内の与信総額はすでにリーマンショック前のピークを越えており、これは明らかにバブルだ」、と指摘してきた某大学の経済学部教授がいたので、思い切り反論をしてやりました。今週のワタクシの有料メルマガで詳しく解説しましたが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング