写真

渋谷駅の埼京線・湘南新宿ラインホーム(右)に発着する湘南新宿ラインの電車と、その目の前を通りすぎる山手線の電車(左)。両線のホームは遠く離れている(編集部撮影)

渋谷駅の中央改札から埼京線に乗ろうとすると、駅の案内には「埼京線ホームはこの先約270mです」と書かれている。 270mといえば、湘南新宿ライン15両分よりは短いものの、山手線11両分より長い。一つの列車の端から端まで歩かなければならない距離である。しかも、たどりつくのはホームの端っこだ。乗車する車両のところまで行くには、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング