写真

「米朝首脳会談で拉致問題を提起してくれた」だけで米国に期待してよいのか(写真:ロイター/Carlos Barria)

マーライオンと林立する高層ホテルが印象的なシンガポール。米国のドナルド・トランプ大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との首脳会談(6月12日)を現地で取材した。結果は大方の予想どおり、非核化の問題では曖昧な合意にとどまった一方で、トランプ氏は北朝鮮の「体制保証」を約束するなど北朝鮮ペースの会談となった。米国ではトランプ氏の「人気取り外交」と見通しの甘さが指摘されている。米朝首脳会談を受けて、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング