真備町浸水、50年間棚上げされた「改修計画」 政治に振り回されている間に、Xデーは訪れた

東洋経済オンライン / 2018年7月13日 8時0分

未曾有の豪雨災害に見舞われた西日本では、現在も懸命の復旧作業が続く。 特に被害が大きかったのは、岡山県倉敷市真備町での堤防決壊だ。現場は高梁川と小田川が合流する手前で、本流である高梁川の水位上昇により、支流の小田川の水が流れにくくなったことが、堤防決壊の引き金となった。 ■半世紀前からあった計画 小田川をめぐっては、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング