写真

ナヤパラ難民キャンプの嫁ぎ先に着いたロヒンギャの花嫁(筆者撮影)

ミャンマー西部ラカイン州で昨年8月25日、政府軍とイスラム系少数民族ロヒンギャの武装勢力の衝突をきっかけに、隣国バングラデシュへの難民の爆発的流入が始まって間もなく1年。累計100万人に上るロヒンギャ難民の帰還の見通しは立たず、ミャンマーによる“民族浄化”の真相究明も進んでいない。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング