写真

フィンテック系証券会社は、いわば証券の「第3世代」。新しいサービスで初心者の個人投資家を魅了している(写真:Ushico/PIXTA)

日本で個人の資産運用というと、株式投資や投資信託での運用が一般的であり、20年以上前なら野村證券など、対面証券会社がその主役だった。当時は「資産運用=富裕層がやるもの」だった。 だが1999年10月に株式委託手数料が完全に自由化されると、2000年代にはオンライン証券会社が台頭、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング