「雑な暗殺」疑惑に騒然、サウジ皇太子の末路 週末に事態は急展開の可能性

東洋経済オンライン / 2018年10月20日 7時40分

トルコ・イスタンブールのサウジアラビア総領事館を舞台に、サウジから派遣された暗殺団15人による著名サウジ人ジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏が惨殺された疑惑。脱石油を目指すサウジの経済改革を主導してきたムハンマド皇太子(33)が関与したか、少なくとも認識していた可能性が高くなっている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング